お芝居つれづれときどき音楽

歌舞伎のこと、音楽のこと、いろんなこと、気の向くままによしなしごとを。

2017年8月納涼第3部「野田版 桜の森の満開の下」@歌舞伎座

(8/16:解釈と、オオアマの冒頭の拵えについて追記)

2度、「桜の森」に迷い込んできました。七之助さんが美しく恐ろしい。そして独特の不思議な世界観。ストーリーがあるようでない、ないようで有る、そんな印象。曖昧なものは曖昧なままに。強烈なものはより強烈に。

f:id:andantepresto:20170818235453j:image

これはいい席で見るべき作品なのかもしれません。1度目は幕見の4階で見てみて、いいけれど大絶賛するほどの理由はわからずに、2度目は1階席で見たところ冒頭から強い没入感。見終わった後の、どこか心が連れて行かれてしまった感覚。大絶賛の評を理解。わたしは持たぬ約束を、持っていた錯覚さえおぼえました。冒頭にあの満開の桜の花がきちんと見えるのが大きいのでしょうか。原作も読みイヤホンガイドも借りた2回目は、初見と状況は真逆ですが、そのためかというとそうでない気がします。 舞台から溢れて迫り来る世界を感じられる距離感か否かにかかっているよう。幕見で見たときは1階の十分の一も百分の一も感じるものが少ないのです。これから見るという方には、高いですが、思い切って1等をおすすめしたいです。

さて感想というより感じたことの羅列ですが、以降、ネタバレありにするので未見の方はそっ閉じで…

 

続きを読む

2017年8月納涼第1部@歌舞伎座

刺青奇偶

長谷川伸さんの戯曲が好きみたいだ。一本刀土俵入もすきだった。刺青奇偶、かなしいけれど好きなお話です。どうにもならない状況で、持ち金全てを与えてくれる人がいて、というストーリーも一本刀土俵入を思い起こさせる。

玉三郎さん演出とあって、七之助さんの演技に玉三郎さんの姿が重なる瞬間がありどきりとする。教えてほしい人には間口を広く教えて継承していくという玉三郎さんの言葉が、しっかりと実現されている。

七之助さんは美しい赤姫もよいけれど、冒頭のやぶれかぶれのときや、病に倒れたあとの姿の様になりよう。薄幸な役が大変似合う。

中車さんの半太郎はいい男!博打だけが玉にキズだ、ほんとに…。あらすじだけを読んだときは、なぜそこで最後に博打に走ってしまうのか疑問だったけれど、舞台を見ると心情がわかって少し納得。きっとお仲はまだ生きてる、最後間に合ったよね、ほんとに最後の最後の瞬間かもしれないけど、安心して逝けたよね、と祈るような気持ちになる。

勘三郎さんが「歌舞伎ッタ」だったか、何かの本で、でもお仲は死んじゃっているんだよねぇという趣旨のことを書いていらして、その結末は…といたくショックだったのだけど、七之助さんはインタビューで、生きていてほしいと答えていて、親子でも少し違うんだなぁ、そして後者だと思いたい、と思いながら見ました。

http://www.kabuki-bito.jp/special/welcometokabuki/69/no1.html

これ勘三郎さん玉三郎さんコンビ+仁左衛門さんのも見たかったなぁとしみじみ。

染五郎さんの鮫の政五郎親分は、真面目そうな人物像。仁左衛門さんはまた違うタイプの親分で描く気がする、とぼんやり思った。しかし見たことがないのでただの想像。見たい…(結論はそこ)。

 

玉兎

かわいい。かわいいしか言えません。よく一人で踊りきれますなぁ。

後見の方が何かのタイミングで、勘太郎さんと目を合わせて頷いたのが見えてきゅんとしてしまう。

 

団子売

勘九郎さんと猿之助さんの素敵な舞踊。この組み合わせで楽しくないはずがない。うまい。猿之助さんの女形姿、結構好きだなぁと思い始める昨今。立ち役もいいけど、女房役の色気が似合う。仲睦まじげな様子に「ご両人」とかかる。ご両人って素敵な言葉ですねえ。

20170808 坂東玉三郎さんトークイベント@立正大学

(8/10、ふと思い出し追記)

玉三郎さんと他お二人の方々が出てこられたとき、スクリーンに隠れた仏像に向かって一礼なさっていた。見えないところでも礼儀を貫かれる姿勢。衣装はお着物でご登場。上は濃いグレー、下は薄渋緑の袴。

何だか、今回のお話は自分が受け取ったものを整理して文章にするのが難しい。魂のこと、命のこと、時間のこと、玉三郎さんの死生観のようなものも見せて頂いたと思います。言葉にできないものを形にして書いていいのか、と迷いつつ、自分の中に残すために書きます。たぶん色々違っていると思います、ごめんなさい。
そう、「濃い人生」という言葉をまた使っていらした。何か体験をしてもそれを感じる、受け取めることが薄まって流れてしまっている、という危機感がおありなのだろうか?

最近はなんでもLINEで流れてしまう、と玉三郎さんの口からLINEということばが出る衝撃(ご本人はやっていないそう)。否定はしないけれど、(テクノロジーを)うまく使えればいいけれど、今は一番混乱している、狭間のときでは、と仰っていました。

 

対談相手の妙源寺ご住職小林順光さんは玉三郎さんのご実家と守田家両方の菩提寺というご縁なのだそう。偶然同じ菩提寺で、失礼があってはいけないからと菩提寺であることを言わないでいたら、守田家の法事に出たときにお寺の寄付の太鼓?に実家のお名前があって(楡原という日本に2家しかない珍しい苗字だとか)、実は…と打ち明けたら、お義母さまも縁をよろこんでくださったそう。

菩提寺のご住職とのことで、子供の頃のエピソードなども引き出されていました。広い境内だったのでよく玉三郎さん含めた子供たちが走り回っていて、みんなハナタレなんだけど玉三郎さんだけはそんなことがなかった、とか(笑)。玉三郎さんは太らないのはなぜかとお母さまに聞いたら、食事中もお小言付きでおなか一杯になっちゃうから太らないのではと聞いた、とか。お父上(14代守田勘弥さん)は褒めない、大変厳しい方だったと玉三郎さん。養子になったときにはお父様も50代後半だったので、教えるのを急いでいたのではないかと話されていた。ただ、立役と女形だったので教わるのはもっぱら作法などで、お役はその役をたくさんやっていらっしゃる、口もきけないような大先輩に教われるよう、手配してくださっていたのだとか。
玉三郎さんにも違う厳しさがあるのでは?と水を向けられ、同意なさっていた。やさしく、もう一回やってくれる?って30回くらいと…
(30回はちょっと辛いです、先生…)

途中でお寺つながりということで道明寺の写真が2枚スライドで。大写しにされるので「(スライドを)先に行ってください」という玉三郎さん(^^)でもファン的にはじっくり見ていたいです…!

テーマに「伝承」があったので、教えることについていろいろとお話されていた。自分のやっていることをそのまま教えることはしない。そうすると(自分の)小型しかできないから。
(近い話を別の方からも聞いたことが。見本とする誰かそのものを目指してはダメ、その人のコピーにしかならず質は落ちてしまう、と。教えることを突き詰めた方がたどり着く答えなのだろうか)

それから、道を教えることができなくなったと(能の)観世宗家が仰って、なるほどそうだな、と同意されたと。だから一極集中で教えるのではなく、間口を広げて教わりたい人みんなに教えるのだそう。
(能の)風姿花伝は本来一子相伝なのだけれど、「どうぞどうぞ」と見せてくださったと。見て読めるかは別だけれど、そうしないと伝承されなくなってしまうから、と。 

(道を教える、とは、生き方を教える、というようなことでしょうか。)

小学校はじっと机についてられないので苦手だったんだけれど、お話を聞きたいと思うような先生がたくさんいて、幸せだったと。あと、中学?か高校?は休める学校を選んだらたまたまプロテスタントの学校で、舞台をしていたので「あと何日休めるから安心して休んでいいよ」と言ってくださる、そういう(おおらかなというニュアンス?)時代だった、と話されていました。

子供の頃は広間で好きに踊っていることが楽しく、人に見られて舞台に立つのとのギャップは大きい、責任ある立場で大きい舞台に立つとあの頃に帰りたいと思うこともあるそうですが、「時間を切り裂いてきてくださる」お客様にお見せするもの、という言い方をされていて、なんと激しい言葉で舞台というものをとらえていらっしゃるのだろうと、静かな中の激しさを垣間見た思いでした。

歌舞伎以外のお仕事もなさってますね、鼓童とか、と話を振られて、「1割以下です」と。歌舞伎以外の方が取り上げられる、宣伝されるから多いように感じるかもしれないけれど、と。自分から積極的に新しいことをしよう、ではなくて、お声がかかるからお引き受けする形なのだそう。お父様からも、人から声がかかる役者になりなさい、親に役をつけてもらうようではいけないと言われてきたのだとか。

翻訳ものをやったのは、お祖父様(十三代目 守田 勘彌)が翻訳ものをやられていて、お祖父様というのは話に聞くばかりの遠い存在だったのでやってみたらわかるんじゃないか、と思ったのだそう。

住職から日蓮宗のキャンペーン(と言っていいのでしょうか?)で「いのちに合掌」というのがあり、その話を水を向けられて、

心が合って、そういう形(合掌という行動)になるのでしょうね、という趣旨を言われていて、実際に合掌をすることももちろん大切なのだけれど、心の中で合掌する、というようなことを言われていたのが大変印象に残りました。大切なのは形ではなく先に心なのだと、それがあっての行動やことばなのだと言われた気がしました。以前、歌舞伎の芸の上でも、先に気持ちが合って型があるとお話をされていて、どこか似ている部分があるなあと。

ご養父は「自分は信心深くない」と口では言いつつも一番手を合わせていた、というお話を添えられていて、何だか、そういうことなのだなぁと。

ご住職曰く、合掌には先祖に手を合わせることと今ここにいる方々に手を合わせる2つあるというお話が出たときに、(僭越ながらと前置きされつつ、)巡り巡ってどちらにもなるように思います、という趣旨で玉三郎さんがお話されて、この方の中には宗教というくくりでもなく何かずっと感じて考えていらっしゃる筋のような、流れのようなものがあるんだろうなぁと思いました。

簡単に言葉では紐解けないものを見せていただいた思いでいっぱいの1時間半でした。

2016年6月@歌舞伎座

つぶやきまとめ。

昼の部

夜の部

御所五郎蔵

初回の御所五郎蔵のときに何書いてたかなって思ったけど、ほんとにろくなこと書いてない(笑)それだけ衝撃的にかっこよかったんだよなぁ…

 

一本刀土俵入

  

余談 - 席と音の聞こえ方

201707 歌舞伎観賞教室 一條大蔵譚@国立劇場



2017年6~9月 髑髏城の七人「鳥」

(8/6:2回目観劇分をちょいちょい追記。)(8/13:3回目分ツイート追加)

歌とダンスで敬遠してた方は、都合が許せば当日券狙いで見てください。高い確率でだいじょうぶです。芝居の中に歌とダンスが入るのが相っ当苦手(アオドクロもそれだけは違和感あったくらい)なわたし、そこだけ我慢して見るつもりだったのに、鳥はだいじょうぶでした!

(サダヲさんですね、主役のお名前間違え、すみません。。)

1回目見たときのここのネタなんだったかな。黒カツオ(??)…のタタキ…だったか、何か魚のタタキになっていたような。

叩きすぎて…ハンマーが…曲がるんですよ…

よけた後も床をがんがんたたき続けるんですよ…

「暗くて見えなかった」とか言い訳するんですよ…んなあほな。

↑ほかの方のレポ見てたら、正しくは「目覚めよ贋鉄斎ー!」だったみたい。「少年ドラマシリーズかよ」って贋鉄斎が叫んでいて、なんのことかわからなかったんですがそういうドラマがあったんですね?

少年ドラマシリーズ - Wikipedia

そういや「全力少年」も元ネタよくわかってなくて真っ先に思い浮かんだのが「全力ウサギ」の方だった。こういうやつ。ほらスコップをハンマーに変えれば、ね?

f:id:andantepresto:20170806021934j:plain

(3回目Ver.)

↑僕のせいだー!じゃなくて、死んじゃだめだー!って叫んでた気がするのですが、サダヲさんがあまりに早口で叫んでいて何言ってるかわかんなかったので勘違いしたのかな?

↑黒ウサギだったらしい…ちゃんと兵庫のネタ引っ張ってあげたのね…って全然わかんないよ!

鳥は捨之介と沙霧の間に恋愛感情がほぼないので、太夫と蘭兵衛に恋愛(未満の)感情を持ってきたのかなあ。

↑そうだ、舞台の両サイドにもスクリーンのように投射できるようなので、そこに大写しにしたらどうだろう。(何を言ってるんだ私は)

キャラ的に一番好きなのは沙霧。なんかね、こういう子、すきなのです。鳥の沙霧と捨之助はどちらも忍者系なので、仲間、同志という印象。恋愛関係には転ばなさそうな、、どうなのかな。

(※花ではなく風が一人二役。間違いすぎ。。)

↑里の女たちの名前はわりと役者さんの名前のまんまなんですね!

おるつ⇒ルツコさん、おりえ⇒緒里江さん、とかとか。ちょっと歌舞伎座捕物帳↓を思い出す。同じようなこと考えるもんだなぁ。

演出のいのうえさんは、やはりかっこよく見せるのが上手です。新感線では定番だという冒頭のタイトルロール出るところはやはりインパクトあるし、最後の方で7人逆光で役者さんを映して、ほらこのひとたちこんなに格好いい、って言ってる気がするし、戦闘では上手い人両サイドに配置して流れるような殺陣させてみたりとか、上げきれない。かっこいい映像が脳の中にいっぱい詰まっていて、それを舞台の上にどんどん展開させていっているんだろうな。もっと見たい!とりあえず風と、ゲキシネで2011年版髑髏城も見たい!

涼しくて「過ごしやすい日」に興奮冷めやらぬ夜を過ごせた幸せな一日でした。

20170801 歌舞伎と手仕事(主に笑也さんトーク)

行ってきました、歌舞伎と手仕事。気づいた時には申込日過ぎてたけどWeb申込の延長に救われ、無事に。ツイートまとめ+追記なかんじで、メモです。

https://tokyoteshigoto.tokyo/newsevent/kabukizaevent/

あ、服装はお着物でした。が、どんな色味だったか全く思い出せず…不覚… 

「猿之介って知ってるよな?卒業したらうちのところにこいって師匠が言ってるから、まぁ考えといて」と。
ずいぶん軽いですねぇと司会の三朝さんつっこむ(笑)

卒業した後は、虎の後ろ脚に抜擢されてそれが認められたそう。そういえば、最近馬の脚をやれる人が少なくなってかけにくい演目がある、なんて話もどこかで聞いたような。

次は馬の後ろ脚で、襖?を飛び越えるシーンがあり、初日空いても5日くらいまでできなかったが馬が駆ける夢を見て、これだと思い付き、前足の人と相談してやったら一発でできて、お客様から拍手。これで役者がやめられなくなった。

立回りを教えてくださる先生の話なども。国宝級の技で、辰之助さんと初詣?かに行かれたとき、神社の階段を、一段づつくるっと回って上がって見せたと聞いたくらい。
振り上げたときに切っ先がさがっていると叩かれた。後ろの人に当たると危ないからで、歌舞伎の立ち回りは切っ先を下げない。

女形はお風呂の入り方から教わった。椅子を使わず片膝立てて座り(脚を広げないため)、シャワーもをばしゃっとかけるのではなく、こう(斜めになって)お湯を受け流す?迎える?言葉は忘れてしまいましたが、そのようなことを。
今はそういうことは教えないようで、椅子に座って脚広げて「お疲れさまでーす」ってばしゃっとやってる(笑)と。

歌舞伎役者は自分の頃(?)は800人くらいいたが今は減っていて、昔は(人数比が)ピラミッドだったが、今は特に三階さんが減っている。ここくらい(花篭)の大部屋に10人だけという時もある。

舞台の失敗談。師匠と師匠の弟さんと共演したときに台詞が急に真っ白になって飛んで「△◎×*~△◎×*」と台詞にならない音を喋って…あとで謝りにいったら師匠にはどやされ、弟さんには「あんた宇宙人だったんだねぇ」って(笑)

誕生日の日に、歩数を間違えたのかくるっと花道に踏み出すところで一歩ずれていて、綺麗に舞台下に落っこちた(怪我はなし)とか。

 

こういうの見ると、着物っていいなと思うけれどなかなか手が出せないでいます。中学校くらいで着付け習う機会があったたらいいなぁ…私立の子で中学か高校で習ったと言っていたのがうらやましかった。

学校の先生は超忙しいので外部講師を呼んでとか…ムリか…

 

染色家の方のお話

 こちらも興味深かったです。歌舞伎の演目は決まってからかかるまで期間が短いので、普通は別の職人さんに頼むところを一人何種類もの仕事を身に着け、普通1か月かかる着物を10日で、深夜まで仕事をして仕上げるのだそう。

歌舞伎座と演舞場でもライトが違って見えるので難しく、演舞場で助六がかかったときに、助六の黒い着物が演舞場の赤いライトで赤っぽく見えるので、わざと青っぽい黒で染めたとか。

藤十郎さんが襲名のとき、衣装に藤が入っていて、これ10本入れられないか、と。お客様からは10本あるとはわからないけれど見えないところにもこだわられるとか。

成田屋さんの茶色(柿色)はベンガラ?という特殊な染料を使っていて、すごく色落ちしやすいけれど鮮やかな色が出るので役者さんは承知でそれにこだわられるとか。

いろんな職人さんの手に歌舞伎は支えられているんだなぁと思いました。 

落語 高座一席(春風亭 三朝さん)

初めて生で聞いた落語も楽しかったです。落語家は舞台に出ても高座に座るまでは演じない、というようなことを勘九郎さん?が仰ってたというのをどこかで見かけましたが、確かに高座に上がるまでは、素じゃないんでしょうけど素に近いなと、役者との違いもまた面白く見ました。

夏の暑い夜、日本のものにまみれて楽しい時間を過ごせました。