お芝居つれづれときどき音楽

歌舞伎のこと、音楽のこと、いろんなこと、気の向くままによしなしごとを。

201807 死ンデ、イル。(B)@東京芸術劇場イーストシアター

恐る恐る、見に行ってみました。

 f:id:andantepresto:20180727180126j:plain

結末の突如ポジティブな方向への転換は少し無理矢理に感じました。お芝居における主人公の絶望(というと大げさかもしれない)の時間が長いからでしょうか。99%がつらい時間で、最後の1%で力を勝ち取るというような。強い飛躍。しかし前作(「悲しみよ、消えないでくれ」)よりは苦手さは少なかったです。それは結局、その無理矢理なポジティブさのおかげかもしれません。チラシをよくよく見ると白抜きで「光れ。」と書いてあり、印象的な中央のタイトル「死ンデ、イル。」の方に目を奪われがちですが、「光れ。」にポジティブな結末は暗示されていたのかもしれません。
最後の最後の場面にすべてを集約させて、作者はこの絵が見えていたのだろう、もしくは描きたかったのだろうな、と思わせるところは「悲しみよ、~」と少し構造が似ています。

初めは、胡散臭いルポライターを嫌なやつだと思い、色々と炙り出されるうちに(見ている自分の)嫌悪対象が変わってゆき、最後にまたぐるりと戻るのが面白かったです。結局みな、触られたくない後ろ暗いことがある。というか、明確に後ろ暗いのは男たちばかりですね、そう言えば。対になる女性たちはただただそのことに怒っている。炙り出されるうちに「自分のあの事も聞かれるのでは」という素振りを誰も見せないのが少し愚かですね。自分は抉られないという自信はどこからくるのか。ただ愚鈍なのか。
お姉さんの旦那の行動が気持ち悪くてどうしようかと思ったのですが、ひとつ勉強になったことは、男は本当に酔ってるとは限らない「酔ったふりもする」生き物だということ。(酔ったからって緩みやがってコイツうっとうしい…)、などと手心を加えずに、迷わず蹴り上げていいんですね、よーし、覚悟しとけよ。

さて意外なほどに「悲しみよ、消えないでくれ」で見た役者さんの顔を覚えていました。TVも含めて役者さん、というか人の顔が覚えられないのですが、あの小さい空間で濃密な時間を見届けると嫌でも1回で覚えるらしい。(べつに嫌ではないの、言葉の綾)
ルポライターも体育の先生も叔父さんも、どこか前のキャラクターと共通項がある気がしてきます。先入観か、やはりひとりのひとが醸し出す雰囲気を全く変えるのは難しいのか。真逆なキャラではないですからね。
ルポライターと叔父さんがWキャストで、私が見たのはBパターン(ルポライター:小椋毅、叔父:古山憲太郎)だったのですが、この作品、B見るとAも見てみたくなりますね。逆も然りでしょう。演者が変わることでキャラクターは変わるのか変わらないのか。気になって仕方ないです。

ひとつだけ、最後に明かされる七海の姉の行動の心理が理解できませんでした。「失踪の理由が綺麗すぎる」から書き置きを秘密に?意味がよくわからなかった。夫のこと、ほんとうのことを炙り出したかったとか?しかしそうも思えないしなぁ。全て嫌になって妹にいなくなってほしかった、とか、こんな理由でいなくなった妹が許せなくなった、とかの方がしっくり来るかも。

脇にそれるけれど「叫ぶのは呪い」というのがちょっと意外な見解。叫びはエネルギーを消費してゆくので呪いにはならずにすり減ってゆく気がして。あるいは緊張やストレスを破るもの。発散するもの。呪いは、もうすこしどろりと溜まってゆくものな気がします(完全に感覚的な私見)。まぁ、叫び続けたら溜まっていくのかもしれません。

ちなみにアフターイベントの朗読つきの日。前作は朗読も込みで物語が完結した印象を受けましたが(朗読なしだとどういう気持ちで見終わるのだろう)、今作は一度きちんと作品が終わり、あくまで後日談に見えたのがよりよかったです。前回の朗読もかなり好きでしたけども。絵本を後日談になぞらえて見せる手法はかなり面白いです。童話のチョイスがまた上手いのです。うまくハマる童話をどうやって探してくるのでしょう。

最後に。
口悪いし拗ねてて愛想ないけど、なんだかんだ言って実は徐々に心を砕くようになっていそうな叔母さんが最後には結構好きになっていました。
しかし先生、後日談(朗読)で家に来てたけど、さすがに来れなかろうよ?そこはまぁ、いてくれないとね、小さなHappyEndの締まりがよくないからね。

あ、あと。芝居中ずっと高校生にしか見えなかった七海役の方が、カーテンコールに立った瞬間おとなの女性に見えてはっとしました。21歳だそうだから役に近い年齢ですけど。まだ高校時代の記憶はリアルな手触りとともに持っているのでしょうねぇ。

8月衛星劇場pickup

8月衛星劇場録画メモ。玉三郎さん勘九郎さん七之助さん幸四郎さん今月は仁左衛門さんがいらっしゃらいませんね。
玉三郎さんも1作品だけ、前に録画している演目な気も。他も結構録画済のが。気になるのは愛陀姫と蜘蛛絲梓弦くらいかなぁ。解約するか悩みます…

 

特選歌舞伎~昭和の舞台より~
◆伽羅先代萩~花水橋・御殿・床下
2日(木) 後 4:00
14日(火) 後 4:00
中村歌右衛門 實川延若 七世中村芝翫 十七世中村勘三郎

f:id:andantepresto:20180726133619j:plain

◆伽羅先代萩~対決・刃傷
3日(金) 後 4:45
15日(水) 後 4:00
三世河原崎権十郎 市川海老蔵(十二世團十郎) 坂東彦三郎(現・楽善) 大谷友右衛門 市村家橘 市村羽左衛門

◆「歌舞伎NEXT 阿弖流為アテルイ〉」*
3日(金) 前 8:00
25日(土) 後 6:15
市川染五郎(現:松本幸四郎) 中村勘九郎 中村七之助

f:id:andantepresto:20180726133513j:plain

◆門出二人桃太郎
3日(金) 後 4:00
8日(水) 後 4:30
20日(月) 後 5:30
中村勘太郎 中村長三郎 中村勘九郎 中村七之助 市川染五郎(現・松本幸四郎)  

◆新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」上演記念特番
4日(土) 後 4:45
5日(日) 前 8:00
8日(水) 後 6:45 

◆梅雨小袖昔八丈~髪結新三
6日(木) 後 4:00
31日(金) 後 4:00
十七世中村勘三郎 尾上梅幸 七世中村芝翫 中村勘九郎(十八世勘三郎) 市村羽左衛門 十三世片岡仁左衛門

 

◆蜘蛛絲梓弦
7日(火) 後 5:00
20日(月) 後 4:00
市川亀治郎(現・猿之助) 中村勘太郎(現・勘九郎)

f:id:andantepresto:20180726133646j:plain

◆野田版 愛陀姫
8日(水) 後 5:15
30日(木) 後 5:00
中村勘三郎 中村七之助 中村勘太郎(現・勘九郎)  

◆忍夜恋曲者~将門*
9日(木) 後 4:00
坂東玉三郎

f:id:andantepresto:20180726141420j:plain

竜馬がゆく~風雲篇*
9日(木) 後 5:00
市川染五郎(現・松本幸四郎) 市川亀治郎(現・猿之助)

f:id:andantepresto:20180726133701j:plain

◆東雲烏恋真似琴
10日(金) 後 4:00
27日(月) 後 4:00
中村勘太郎(現・勘九郎) 中村七之助 坂東巳之助 

◆源平布引滝~義賢最期
13日(月) 後 4:45
29日(水) 後 4:00
片岡愛之助 中村獅童 

◆博奕十王*
15日(水) 後 5:15
23日(木) 後 4:00
市川猿之助 

◆佐倉義民伝*
17日(金) 後 4:00
松本幸四郎(現・白鸚)  坂東三津五郎 市川染五郎(現・幸四郎) 

◆梅ごよみ
21日(火) 後 4:00
市川染五郎(現・松本幸四郎) 中村勘九郎

f:id:andantepresto:20180726133734j:plain

漢人韓文手管始~唐人話
22日(水) 後 4:00
中村七之助

----
◆松竹演劇だより Vol.9
14日(火) 後 6:00
17日(金) 後 5:45

◆松竹演劇だより Vol.10
28日(火) 後 6:00

 

7月衛星劇場pickup

もう7月も後半ですが、録画用自分メモ。仁左衛門さん幸四郎さん染五郎くん白鸚さん勘九郎さん七之助さん17勘三郎さん扇雀さん梅玉さん秀太郎さん獅童さん。
昭和の舞台特集も録画しておこ。ゲキシネは乱鶯。
今月は玉三郎さんがいらっしゃらない。

【昭和の舞台特集】
◆御存鈴ヶ森
2日(月) 後 5:30
17日(火) 後 4:45
27日(金) 後 4:00
八世松本幸四郎(初代白鸚) 十七世中村勘三郎

◆操り三番叟・年増・供奴
3日(火) 後 4:00
12日(木) 後 4:00
23日(月) 後 4:00
實川延若 七世中村芝翫 中村富十郎

◆男女道成寺
4日(水) 後 5:15
9日(月) 後 5:30
19日(木) 後 4:00
七世中村芝翫 中村富十郎 中村児太郎(現・福助) 中村橋之助(現・芝翫

------------
◆元禄忠臣蔵~大石最後の一日
2日(月) 後 4:00
13日(金) 後 4:00
31日(火) 後 4:00
松本幸四郎(現・白鸚) 市川染五郎(現・松本幸四郎) 松本金太郎(現・市川染五郎) 片岡仁左衛門

f:id:andantepresto:20180726141109j:plain

◆箱根霊験誓仇討
4日(水) 後 4:00
20日(金) 後 4:00
30日(月) 後 4:00
中村勘九郎 中村七之助

f:id:andantepresto:20180703180012j:plain

 

◆源平布引滝~実盛物語
5日(木) 後 4:00
9日(月) 後 4:00
25日(水) 後 4:15
片岡愛之助 上村吉弥 市川笑三郎

◆雨の五郎
5日(木) 後 5:30
23日(月) 後 5:15
中村獅童

◆暗闇の丑松
11日(水) 後 4:00
尾上菊五郎 中村福助 市村萬次郎 坂東八十助(十世三津五郎) 坂東彦三郎(現・楽善)

◆艶紅曙接拙~紅翫
12日(木) 後 5:15
30日(月) 後 5:15
中村勘九郎 中村七之助 中村扇雀

◆盲長屋梅加賀鳶
16日(月) 後 4:00
24日(火) 後 4:00
松本幸四郎(現・白鸚) 片岡秀太郎 中村吉右衛門

◆扇獅子
16日(月) 後 5:45
24日(火) 後 5:45
中村梅玉

◆釣女
17日(火) 後 4:00
26日(木) 後 5:15
市川染五郎(現・松本幸四郎

芦屋道満大内鑑~葛の葉
18日(水) 後 4:45
26日(木) 後 4:00
中村扇雀

◆神楽諷雲井曲毬~どんつく
19日(木) 後 5:00
31日(火) 後 5:30
市川團十郎 坂東三津五郎 中村梅玉 中村魁春 中村福助 坂東巳之助 片岡仁左衛門

◆松竹演劇だより Vol.7
10日(火) 後 6:00
18日(水) 後 6:00

◆松竹演劇だより Vol.8
27日(金) 後 6:00

------
ゲキシネ 乱鶯
21日(土) 後 7:00

f:id:andantepresto:20180703180021j:plain

20180716蓬莱竜太の劇世界@新国立劇場 小劇場

「蓬莱竜太の劇世界」と題されたトークイベントを拝聴してきました。新国立の小劇場が満席で人気の高さが伺えます。
f:id:andantepresto:20180718203910j:image
「消えていくなら朝」のセットを前にトーク。初めはその「消えていくなら朝」の話から。家族というテーマを選んだ理由について、その話をもらうまでもかなり忙しく、歌舞伎を最後にテーマが枯渇する計算で唯一残っていたもの、差し出せるものがこれしかなかった、と蓬莱さんは仰っていました。『差し出せるもの』。苦しんで書くものの方がいい舞台になると感じていて、そうやって書けるテーマの最後だった、ということらしい。(枯渇したあとの充電のしかたは気になるところでもあります)
演劇ジャーナリストの徳永京子さんが司会(講師)。その突っ込んだ分析、容赦がなくて面白かったです。蓬莱脚本の「うまさ」を取り上げて、脚本のコツ(ポイント?)はなんですか?と問い、蓬莱さんが様々な人物の視点から描くこと…というような答えに「多くの劇作家の方がそう言います。うまい答えじゃないです」的な返しに会場笑。
では蓬莱脚本のうまさは何か?分析を徳永さんが披露。主役に対抗する悪と信じていた登場人物が最後にひっくり返されて、そちら側の正義や事情が明らかになること、その正義が99%どうしで拮抗して、決してどちらかが100%にはならないこと、と表現していて、なるほど、と。こうだと思って乗っていた乗り物が違っていた、とは蓬莱さんの言葉だったでしょうか。言われてみれば赤目の転生もそういう構造でした。ミスリードに裏切られて、真実がわかるまでは違和感があった行動に全て綺麗に理由が付いて行く驚きという、一瞬にして視界が変わる快感。そこに面白さがありました。「そのうまさがあるので外からの仕事がたくさん来て、早い段階で脚本の仕事だけで食べていけるように…」的に仰る徳永さん(笑)。
劇場を出たあとも(物語のことを)考えてほしいと思っている、と蓬莱さん。赤目を見たあとはまさにそれで、ひとりで見た日は延々と考え続けたし、人と見た日はそのひとと終演後にあれこれ話したなぁと。まんまと作家の意図にハマっていたわけです。
徳永さんが蓬莱さんの仕事を中(劇団、モダンスイマーズ)と外(から依頼される仕事)に分けていて、劇団での仕事を「うまい期」「低迷期」「(第3期の命名を失念、それも面白かったのだけど)」と評していたのがおかしかったです。低迷と言っちゃうのですか!第2期は実験的なことを次々とやっていた時期らしく、蓬莱さんご自身は「混迷していた」と表現。(外向けは2期に分けるそうですが詳細は失念。低迷期も外向けにはヒットを飛ばしていた的な説明だったような?)その「低迷期」を抜け出すきっかけの事件(明らかな不利益)を蓬莱さんが赤裸々に語っていて、それ言っちゃうの!?って。でも、それがあって本当によかったと思ってらっしゃるのも伝わってきて、人生何があるかわからないなぁと。
ところで、新国立での上演作品で描いた人間像を蓬莱さんが「醜い、浅ましい」と表現した、その言葉の選び方が劇作家だなぁと。文章を書く人の、日常会話に普通は出てこない言葉が口にのぼるのを聞くのが結構好きです。日常で「浅ましい人だ」なんて言わないですからね。
2013年から始まる三部作から意図的にセリフのフィクション度を下げた、という話をされており、だからこそ「悲しみよ、消えないでくれ」を見て、過去の苛立ちを思い出して苦手だったのだな、とも。リアルな芝居への拒絶感を強く自覚させられた作品でした。現実に向き合い過ぎた時期があったからかな。リアルには救いがないことがたくさん転がっているので、フィクションには救いやうつくしさを見出したいのかも。
ただ、話を聞いていて7/20から始まる「死ンデ、イル」は少し見てみたい気になりました。あの震災がきっかけになって生まれた作品はどういうものなのか、ということと、ひとりの人間の失踪、不在によって生まれる物語であるという点に惹かれるようです。「やはり苦手だった、」となる可能性もあるので迷いましたが、結局チケットを購入。
ところで徳永さんによると、ストレートプレイよりも自然な口語の現代口語演劇、というジャンル?があるらしく、ストレートプレイ=口語だと思っていたので少し面食らいました。つまるところ「芝居がかった台詞」を排する、ということみたいです。歌舞伎が、演劇改良運動の流れで見得のような大仰さや鬘・衣裳の荒唐無稽さ、そして歌と踊りをも排していった過去があると聞きますが、対してごくごくシンプルに普通に見えるストプレもさらにそこから芝居を抜いてゆく。静かな演劇、と仰っていたかな。では、それをわざわざ舞台上に上げて見る理由とは?いったいどんなものなのか、気になります。
しかし、これ以上演劇論的なものを理解するには知識も観劇経験も足りないので、まず今日はこれぎり。

2018年5月 坂東玉三郎京丹後特別舞踊公演@京都丹後文化会館


f:id:andantepresto:20180521084633j:image
 

12時頃につきましたが、周辺で唯一?の食事処きくのやさんは満員で入れず。会場でも食べ物の販売は少し。ちらし寿司850円、大福餅120円、タルト150円等。桑饅頭もあったかな?お弁当は扱ってなさそう。別の駅で食事はすませるかお弁当買っていって待ち合いで食べるかの方が安全かもしれません。来年はそうしよう。駅から最も近いコンビニも10分かかる模様。

のぼりをひとつ発見。駅正面の道路を渡って少し右(会場とは逆方向)に進んだところ。

f:id:andantepresto:20180521085125j:image

会場には過去の舞台のポスターもあって嬉しいです。f:id:andantepresto:20180521085004j:image

緞帳はさすが「丹後織物工業組合」のクレジット。f:id:andantepresto:20180521085038j:image

口上

明るい橙色の裃、紫の着物、桜の模様。今年のカレンダーと同じ拵えでしょうか。

京丹後は3年前から。10年前くらいから来てほしいとお話があったが「…ピンと来なかったのでございます」と正直な話しぶりに思わず会場も笑いが。丹後のちりめんの話をなさったたあとに

「こうして話していると…ちりめんやさんの回し者のようですが」とか、

雪で着るのは丹後のちりめんで新しく仕立てた着物とのことで「ちりめんは年月でどうしても黄ばみがでてしまうものですが、今回のは(真新しいので)私の白粉よりも白い」

とか、ちょいちょい笑いを入れていらっしゃるときの、ちょっといたずらっぽいような表情が好きです。

 f:id:andantepresto:20180521085222j:image
言葉通り、真っ白な着物。牡丹?の帯、黒地に金、渋い色の刺繍。黒の背景に白い着物が映えます。ゆらめく蝋燭の明かりというシンプルな舞台装置と相まって、一対の美をなしています。

地唄、ということで三味線の方が唄も。音程がとても良くて言葉も聞き取りやすいことに驚きました。着物の袖と背に入った(紋を入れる箇所にあった)小さな模様はなんだったのかな、帯に合わせた模様?

動きを最大限に削ぎ落とした静かな舞踊です。ひとつひとつの小さな振りが、ゆっくりと途切れることなく続いている。しんしんと振り続ける雪のように。わずかな動きで表現されてゆくため、見る方も集中力が研ぎ澄まされていきます。クラヴィコードという、ごくごく音の小さな楽器のコンサートに行ったときと似ています。わずかな音色と変化を拾おうと、聞く側の照準が研ぎ澄まされてゆく…。

少しの表情の変化に万感の想いがひたひたと。離れてしまった愛しい人を思って寂しげな顔。愛しい人がそこに?とはっとしたときの表情、思わず傘を取り落として駆け寄る様。違った…あの人がここにいるはずがないのだ、と悲しげな顔。ひとつひとつが胸を打ちます。抑えた表現の振付だからこそ、演者の力量が問われそうな舞踊です。

葵の上

タイトルは葵の上ですが、彼女を呪って生き霊となった六条御息処が登場人物です。写真と違う打ち掛けでした。牡丹、もみじ?、藤の模様か。中の着物は写真と同じでしょうか。白地に何か模様が入っています。


f:id:andantepresto:20180521084835j:image

眠る葵の上を見つけたときに走る怨みの顔。徐々に怨みが顕になり、強まり、押さえられなくなる様。とうとう打ち掛けを脱いで白い着物になるときの、はっとするような印象深さ。能の曲を使っているからでしょうか、動きが能そのまま、というわけではないと思うのですが、踊りも能のような雰囲気、空気を感じました。

鐘ヶ岬

f:id:andantepresto:20180521084853j:image

道成寺の、見たい部分が詰まっていて感無量でした!

鐘を見上げて怨みがよぎるところ。一転して娘の無邪気な手鞠を見せたかと思えば、引き抜きで一瞬にして大人の女に変わる。白地に炎と桜の描かれた着物。安珍への怨みがつのり、鐘を見上げて決まる。鐘の上に乗ることはないのですが、道成寺の濃い部分が抽出されていて。菊之助さんの特番で玉三郎さんとの二人道成寺の映像をちらりと見たばかりだったので、あぁ目の前に本物がいる…!という想い。

 3曲踊り終えた玉三郎さん。2回目のカーテンコールかな?玉三郎さんがふっと娘みたいに微笑まれて、きゅんとしてしまいました。発売日に取ったのでとても良い席で堪能させていただきました。丹後、なかなか遠かったのですが来年も行きたいです。

七月大歌舞伎「源氏物語」の音楽(古楽)@歌舞伎座

(7/15 ダウランドの曲情報追記/7/17ダウランドの対訳へのリンク追記/7/18彌勒さん作、対訳へのリンク追加

源氏物語テノール歌手のザッカリー氏が歌われている曲名をTwitterでご本人から教えていただいたので、歌詞など載ってるサイトを調べてみました。対訳はあまり見つかりませんでしたが、クラシックファンで七月大歌舞伎見に行くとゆー奇特な方に届くといいなー!いや、クラファンでなくても曲の意味わかると楽しいです、たぶん(^^)対訳がないやつはgoogle翻訳にかけてみてください、雰囲気は何となくわかる…。
(しかしついったすごいですね…日本語ツイだったのにまさか…)

 f:id:andantepresto:20180711230406j:plain

以下、色々調べてみたんですけど、Ct.の彌勒さん(今回は指揮振ってるらしい)がなんと7/14に対訳をFacebookにUPしてくださっていたようで、それ見ると歌詞の意味が全部わかります!!わたしも観劇前に読みたかったです!

彌勒 忠史 - 【源氏物語挿入歌日本語訳】... | Facebook

歌詞は載ってないので、歌詞が欲しい方は↓のリンク集をご活用くださいませ。

テノールソロ(3曲)

◆モンテヴェルティ『オルフェオ』より"Vi ricorda o boschi ombrosi"

1607年初演、モンテヴェルディ最初のオペラ作品。オルフェオが2幕で歌うアリア、たぶんまだ妻の死を聞かされる前で、今までは苦しかったが、これから結ばれるという喜びを歌っているのかな?明るい曲調です。
(余談。オルフェオギリシャ神話ですが、死んだ妻を冥府から連れ帰ろうとして「振り返るな」と言われるが振り返ってしまい…というパターンは日本のイザナミイザナギ神話とそっくり。)

・歌詞と英訳

Monteverdi - L'Orfeo - Savall - "Vi ricorda o boschi ombrosi" [2:15] (lyrics inside) : classicalmusic

オルフェオあらすじ

モンテヴェルディ『オルフェオ』のあらすじと解説
オルフェオ 歌詞のみ 2幕

オルフェオ ActⅡ | オペラ対訳プロジェクト

・音源(Ensemble Clematisというグループの公式チャンネルらしい。ザッカリー氏が歌っていらっしゃる!)

 

◆モンテヴェルティ『Scherzi Musicali』より"Ecco di dolci raggi"

『Scherzi Musicali』は、音楽の戯れ、音楽の諧謔、等と訳されている曲集。
円熟期に入った後期のマドリガーレ集第7巻(1619年)と第8巻(1638)の間、1632年に出版されています。

・歌詞

Ecco di dolci raggi (Claudio Monteverdi) - ChoralWiki

・音源(こちらもご本人、リュート伴奏)


◆del Biado(Giuseppe Cenci) "La Mantovana"

イタリア民謡。Youtubeなどを探しても器楽のみの演奏が多いようです。
「Fuggi, Fuggi, Fuggi da questo cielo」
から始まる歌詞がもともとは付けられていたそう。

・曲解説

La Mantovana ラ・マントヴァーナ Ballo di Mantova
・歌詞

La Mantovana - Wikipedia

デュエット(カウンターテナーテノール

パーセル『インドの女王』より "Ah how happy are we"、"We the spirits of the air"

原曲は二人のテノールと二人のソプラノのためのデュエットで、カウンターテナーのアンソニー氏と歌えるようにアレンジしたそうです。

『インドの女王』は未完成の作品を彼の弟ダニエルが補筆し完成させた、パーセル最晩年の作品とのこと。AERIAL SPIRITS=大気の精霊?が歌う曲。
(原曲は男声、女声のデュエが交互に歌い交わされるみたい?)


・音源

パーセル:歌劇「インドの女王」(抜粋)(カンテーロ/ブラウン/ティアー/パートリッジ/ケイト/セント・アンソニー・シンガーズ/イギリス室内管/マッケラス) - 00028947587217 - NML ナクソス・ミュージック・ライブラリー
・歌詞

インドの女王 | オペラ対訳プロジェクト
・オペラのあらすじがちょこっと

クルレンツィスのパーセル『インドの女王』| CLASSICA JAPAN

カウンターテナー(ソロ)

筋書に載っていた1曲だけ判明、あとの2曲はわかりませんが、全て英語だったのでダウランドパーセルなのかしら?
分かる方いらしたら教えてください!

ダウランド作曲 "In darkness let me dwell"

16世紀イギリスの作曲家。リュート伴奏の曲のイメージが強いかも。深い悲しみを感じさせる歌詞です。

・歌詞対訳

ダウランド In darkness let me dwell 

ダウランド作曲 "Flow my tears"

最初の曲はこれだという情報をいただきました!(ゆきさん、ありがとうございます!)詳細は調べられてないのでとりあえずメモ。

ダウランドの残存する80曲以上の歌曲の中でも非常に有名な作品らしい。静謐で物悲しげな美しい旋律。先にリュート独奏曲「涙のパヴァーヌ」"Pavan Lachrimae"として作曲し、それに詩をつけたのがこの歌だそうです。

・歌詞対訳、音源へのリンクも

作曲家の記念日に ─ ダウランドの「流れよ 我が涙」 ( クラシック ) - ヒデンデンのいしあたま - Yahoo!ブログ

 

備忘録(器楽について)

・楽器はチェンバロ、バイオリン、リコーダー、チェロと…ガンバも?そういえばリュートは今回なかった?
・彌勒さん指揮

 

とりあえず以上!

6月衛星劇場pickup

6月がすっかり過ぎてしまいましたが録画用メモ。玉三郎さん仁左衛門さん勘三郎さん勘九郎さん七之助さん幸四郎さん梅玉さん秀太郎さん他。
仁左玉の伽羅先代萩~これってにざさま八汐ですよねわくわく。
勘三郎さん玉三郎さんの鰯賣戀曳網もあるし、七之助さんの絶間姫もあるし(*^^*)

◆上 玉兎/下 団子売(5,22)
中村勘太郎 市川猿之助 中村勘九郎

f:id:andantepresto:20180608165032j:plain

◆碁盤忠信(5)
市川染五郎(現・松本幸四郎

f:id:andantepresto:20180608165051j:plain

◆鳴神(7,18)
中村七之助

f:id:andantepresto:20180608165313j:plain

◆御名残木挽闇爭(7,18)
市川染五郎(現・松本幸四郎) 中村勘太郎(六代目勘九郎) 中村七之助

隅田川(8,26)
中村歌右衛門 十七世中村勘三郎

◆恋湊博多諷~毛剃(11,28)
片岡秀太郎

◆伽羅先代萩~御殿・床下<字幕付>(12)
坂東玉三郎 片岡仁左衛門

f:id:andantepresto:20180608165133j:plain

◆伊賀越道中双六~沼津(13)
片岡秀太郎

◆鰯賣戀曳網(14,27)
中村勘三郎 坂東玉三郎 市川染五郎(現・松本幸四郎

f:id:andantepresto:20180608165223j:plain

◆四季三葉草(1,19,25)
中村梅玉

◆お江戸みやげ(20)
中村梅玉

◆土蜘(22)
中村七之助 中村勘九郎 市川猿之助 市川團子 波野哲之(現・中村長三郎

◆御所桜堀河夜討~辨慶上使(1,25)
中村歌右衛門

◆敵討襤褸錦~大晏寺堤の場(4,29)
中村勘九郎(十八世勘三郎)


----
◆松竹演劇だより Vol.4(6)
中村七之助中村梅枝串田和美、木ノ下裕一

◆松竹演劇だより Vol.5(12,15)

◆松竹演劇だより Vol.6(28)